蔵 本体

  • 2018.06.15 Friday
  • 21:17

 

細かなパーツや小道具作りが多く、

本体は接着剤や塗装のの乾燥時間も十分に取りたい為

逆にパーツ制作に並行しながらの制作です。

 

この模型は

外側だけで無く、内部も覗き見る事が出来るので

屋根も一部開口し

1・2階の内部も作り込みます。

 

また、建物の幅は50cm以上あり、屋根にはウレタン樹脂の瓦も乗るので、

壁・屋根共に強度も増しています。

 

強度をしっかり保つ事は、

完成時が完成で無く、

模型を完成時のまま、長く変わらず残す為の

S MODEL WORKS(自分)のこだわりです。

 

とは言え、今までの外見だけの小さな建物とは、随分違い

予想以上に手間取ってます。

 

 

 

 

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM